“平成28年1月よりマイナンバー制度がスタートしました。

まず、マイナンバーというのは国民一人ひとりに付けられる番号で、替えは効きません。つまり、一度マイナンバーが決められたらその番号は一生変わらないということになります。ですので、マイナンバーの取扱にはとにかく気をつけなければならないのです。

マイナンバーのメリットは、これまで役所仕事などで個人の名前の間違いや処理の間違いなどが発生していたのを防ぐ役割があります。一人ひとりに番号が振られたということは、それだけ個人を管理しやすくなったということです。

番号制のメリットはそのまま業務の効率化に繋がりますので、これからはマイナンバーを提示すれば、自分に関わる情報をすべて役所で簡単に受け取ることができるようになるなど、手続き上の効率化が望めます。

その最たるものが「確定申告」です。早速、平成28年度分(申告は平成29年)の申告にはマイナンバーによる個人確認が明確化されました。具体的に決まっている方法としては、最寄りの税務署に確定申告書を提出するとき、マイナンバー通知カードかマイナンバーカードを提示して本人確認をするということが定められています。これによって税制の正確さが保たれ、管理もしやすくなると言われています。

デメリットは「落とした時の扱い」です。どういうことかというと、マイナンバーカードを財布やカードケースに入れて持ち歩く人がいたとしたら、そのカードをもし落としてしまったとしたらどうでしょうか。他人に拾われて悪用される危険性だってあるのです。現在のところ、マイナンバーカードは個人を識別するためだけにしか使われていませんが、悪用された時のリスクは計り知れません。また、企業が社員のマイナンバーを集めて確定申告に使うということもありますから、会社の保管義務も問われます。もし多くの人々の番号カードが流出してしまい、その時にもっと多くの情報とひも付けされていたとしたら、デメリットもあるということは事実です。

結局のところ、マイナンバーを管理する個人の危機管理能力が問われているという側面はまだまだ否めませんので、カードは基本的に外に持ち出さないようにしておきましょう。もしも番号を持ち出すような場面になったら、厳重にガードして持ち出すようにしてください。