あまり深く分からないままに急に始まった感じのするマイナンバーですが、1つの番号で個人情報が丸裸になってしまう気がして、なんとなく嫌な気持ちを持つ人はいませんか?いくら国から安全だと力説されても、あらゆる企業顧客のの個人情報流出が問題になっている今、「行政だって信用できないよ!」という人がいるのも当然の話です。

かつての年金問題の時も、職員が必要性なく好奇心から個人の年金情報を見ていたこともありましたし、色々不安は募りますね。しかし、不安がってばかりいないで、マイナンバーの良い点にも注目してみましょう。

マイナンバーで便利になることに目を向けてみると、少しは不安も解消されるのではないでしょうか。

マイナンバーで便利になることは色々とありますが、その中から2点紹介しましょう。まずは、社会保険や納税などマイナンバーによって、個人番号からすぐに分かるようになるので、行政事務が非常に効率化されます。そして、私たちが行政に何かを申請する場合、今までは必要書類を提出する必要があったのが不要になるなど、便利化、簡素化されます。行政上の必要書類があっても手続きに時間が掛かってイライラした経験は誰にでもあるでしょう。それがマイナンバーのおかげで緩和されると言えます。

次に、マイナンバーでは個人番号カードを作成することができます。通常は通知カードと身分証明書の2つを提出してマイナンバーの情報を引き出すことができますが、個人番号カードを作成すると、それ1枚で身分証明書がわりになるのです。運転免許もパスポートもない人は、日ごろの生活の中で身分証明書を出す場面で困ることがありますよね。

写真付きの身分証明書が欲しいな、と思ったことがあるはずです。この個人番号カードなら写真も添付されますので、日常生活においても免許書などと同様、身分証明書に活用することができます。

ただし、発行は有料なので注意してくださいね。以上のように、マイナンバー制度は不安な面ばかりでなく、私たちの生活をより便利にしてくれる制度でもあるので、色々と情報を確認していくようにしたいものです。”