マイナンバー制度が施行されてからしばらく経ちましたが、未だにマイナンバー制度についてよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?恥ずかしながら私もその一人です。ですのでマイナンバー制度について今更ですが学んでみることにします。

マイナンバー制度というのは2015年10月上旬に日本で施行された国民総背番号制のことを指す言葉です。国民総背番号制というのは、簡単に言うと国民一人一人に1,2,3という感じに番号を振って管理しようという制度です。(実際はもっと複雑な番号ですが)これには番号を国民一人一人に付与することで各々の個人情報を管理しやすくし税収や社会保障などをより円滑に行おうという狙いがあり、賛否両論がありつつも今現在、世界各国で行われています。

昔のSFなんかにもこの制度は頻繁に登場しており、人間が番号によって管理される社会に恐怖心や不信感を持つ人が多いというのが現状です。実は日本においても度々、この個人番号を発行しようと言う試みは行われきたのですが、その度に強い反対にあい、頓挫してきたという背景があります。

それではなぜ今になってまたマイナンバー制度という制度を始めようという気風になったのでしょう?それは近年になって行政機関が多様・複雑化し、個人情報の管理に手間と経費がかかるようになったため、情報を一つの番号に一本化して今の煩雑な状態を解決したいから、ということに建前上はなっています。実際そうなんじゃないのとお思いでしょうが、マイナンバー制度は今現在もすべての期間に行き渡っているとはいえず、煩雑な状態は全くといって解決できていないのです。それでは政府の本音としては何のためにこの制度を成立させたのでしょう?

それは国内の財産を正確に把握して、税収をしっかりいただこうという考えに基づいているわけです。マイナンバー制度が発足して、労働する以上はどんな場合でも労働先へのマイナンバーの提出が必要となったため、現状では見えにくい国民一人一人の隠れ財産もまるわかりになる、ということです。これで政府は確実に税収を増やすことが出来るため、政府としてはかなり重要な政策だといえますね。