私はマイナンバー制度には反対でした。よくそういうことを言うと法案が通る前に反対の声を上げなかったのがいけないと言われますが、1日中働いて家のことをやってクタクタになっているのにその上政治のことについてあれこれ情報を集めたり吟味出来たりなおかつ反対の声を上げるような活動をする時間があるなんて相当優雅な人であると思いますし、そういった人ならマイナンバーで起こるような問題に対しての対処策がいくらでもあるのだと思います。

そういった人間ではない普通の人間が今更声を上げても、もう決まったことだからと言われて終わりです。何か問題が起こる前に自衛をしなければと思っても、そもそもどういう問題が起こるのかということも漠然としていてわかりません。テレビなどでは大した問題は起こらないと言っていますが、もうすでに詐欺などの事件も実際に起こっていますしそういうことが起きた所で国が何か保証してくれる訳ではないのですから自分たちが調べて身を守らねければなりません。

アメリカや韓国など日本より先にマイナンバー制度を導入していた国なんかは、問題が多発しています。情報が流出したり悪用されたと問題が山ほどあります。アルバイトなどをするだけで企業にマイナンバーの提出が求められたりしますが、そもそも中小企業なんかのセキュリティーや社内ルールなどきちんと徹底されているのか疑問です。国がああしろこうしろという手引きをきちんとしないでそういった意識の低い企業にいろいろな情報が詰まったマイナンバー渡すのは大変不安です。

マイナンバーの利点として、マイナンバーカードを作ればコンビニで住民票などがとれるというのがあったのですが、そんな簡単に取得出来て大丈夫なのかと思いました。パスワードを入力すれば取れるようです。住民基本台帳カードでも出来ていたそうなのですが、そちらのほうはあまり普及していませんでしたしこれからのマイナンバー制の運用を考えるとマイナンバーカードを作る人のほうが断然多くなると思いますし、そういった情報を知らずに勝手に取得された住民票が悪用されて気づくのが遅れたといったようなことがないようにしなければなりません。